車いすで観光 鎌倉宮方面

Field Work on a Wheelchair at the Kamakuragu area

  • Home
  • Blog
  • 車いすで観光 鎌倉宮方面

新しく、鎌倉方面のバリアフリー情報調査のため、メンバーのみんなで鎌倉に行きました。私たちは、鎌倉宮方面を選び、鎌倉宮、覚園寺、報国寺から鶴ケ岡八幡宮を担当しました。鎌倉駅から離れているので、いったんバスに乗り、バス停「浄明寺」下車。報国寺へ向かいます。

報国寺

バス停「浄明寺」下車。報国寺へ向かう入り口。

報国寺には専用駐車場がありますが、いつも満車。身障者用駐車場もありません。

報国寺専用駐車場

途中に時間貸し駐車場があり、こちらのほうが使えそうです。

時間貸し駐車場

しばらく行くと多目的トイレはあります。

多目的トイレ

本殿に向かう階段と左側がスロープです。かなり急坂です。

本殿に向かう階段とスロープ

本殿です。

本殿

本殿脇から入場料を払って庭園に向かうとこんな感じなのですが・・・

本殿から庭園に向かう通路

ここまではかろうじて入場可能。

日本庭園

竹の庭園は、階段。通路も敷石と段差があり、車いすユーザーは入場不可能です。

竹の庭園

報国寺を出てからも、歩道には車いすの通行を妨げる障害物が多くあります。自家用車で地点間移動をしないと、極めて難しいと考えます。

歩道

鎌倉宮に向かいます。この狭さを車いすで通行は無理でしょう。

途中の歩道

鎌倉宮

鎌倉宮は、拝殿までは比較的フラットで、スロープもあるので、車いすユーザーでも拝観可能です。

鎌倉宮 鳥居

しかし、拝殿横から有料エリアへ入ると、こんな階段があり、車いすユーザーは不可能です。

スロープのすぐ横に駐車場があります。

有料駐車場

鳥居近くに多目的トイレがあります。

多目的トイレ

鎌倉宮を出て、覚園寺に向かうと、こんな板塀もあり、鎌倉っぽいです。

鎌倉宮を出て、覚園寺に向かう道

覚園寺

覚園寺は、駐車場が寺から遠く、急坂あり。

駐車場入り口

多目的トイレもありません。

トイレ入り口

庭園は、一時間に一回、住職が拝観者を連れて歩くのですが、園内は比較的フラットではありますが、一切バリアフリー対応はなく、段差もあり、残念ですが、車いすユーザーには困難かと思います。

庭園入り口

国宝館

国宝館に向かうと、入り口に車いすユーザーのためのインターホンがあり、係員が来て、階段を抱え上げてくれます。内部はフラットだそうです。

国宝館入り口

多目的トイレは、本館左側にある建物一階にあります。

多目的トイレ入り口

鶴ケ岡八幡宮

鶴ケ岡八幡宮の駐車場から拝殿に入れないか探しました。結論、不可でした。

駐車場

但し、駐車場から売店、トイレまでは行けます。

駐車場

八幡宮の神楽殿まではフラットに歩けますが、この階段を上るエレベーターなどがありません。介護があっても、難しいと思われます。

神楽殿から本殿に向かう坂。左は大イチョウ。

それ以外は、車いすでも通行可能かと思います。

通路

橋もこの程度のスロープです。

若宮大路の道もこの程度のスロープですので、あまり心配はないかと思います。

若宮大路

しかし、他には、すべてスロープがありながら、なぜかここだけスロープがありません。

笑う狛犬

途中で、商店街の歩道に移動したほうが良いでしょう。

歩道

車いすで観光 鎌倉駅周辺エリア
Field Work on a Wheelchair at
車いすで利用 東京駅案内
JR東京駅構内案内
;