車いすで観光 鎌倉宮方面

Field Work on a Wheelchair at the Kamakuragu area

  • Home
  • Blog
  • 車いすで観光 鎌倉宮方面

鎌倉調査

調査前の鎌倉のイメージは、美しい古都の寺社と街並、インスタ映えする素敵なお店と海、そして「ひどい混雑!」でした。

今回の調査では、JR鎌倉駅東口から出発して、鎌倉宮エリア班は、報国寺、鎌倉宮、覚園寺、鶴岡八幡宮境内を見ましたが、その結果、アジサイの美しい時期や大きなイベントの時期ではなかったためか、幸運にも、恐れていた「ひどい混雑!」には会いませんでした♪

JR鎌倉駅東口の近く
若宮大路

午後から金沢街道が渋滞すると聞いていたので、まずは午前中に、バスで金沢街道を通り浄明寺で下車して、報国寺へ向かうことにしました。

バス停は、JR鎌倉駅東口改札を出て正面にあり、5番乗り場からは、どのバスでも浄明寺に行くことができます。なお、京急バス鎌倉営業所によると、京急バスは全バスリフト付きで、バリアフリー対応とのことです。

日曜の朝10:00頃発の浄明寺へ行くバスは、乗客で混んでいました。

鎌倉宮エリア

金沢街道沿い歩道

次に、報国寺から、鎌倉宮へ→覚園寺へ→鶴岡八幡宮境内へと、移動は全て徒歩でした。

報国寺から鎌倉宮への道
鎌倉宮脇の歩道
鎌倉宮前でバスが右折する様子
鎌倉宮前のバス通り

それぞれの寺社間は、徒歩で約30分前後かかり、道の途中には、坂道や(報国寺→鎌倉宮間→覚園寺)、バス通りに近接した狭い歩道もありましたので(鎌倉宮周辺)、車椅子での移動は、不可能ではありませんが、大変そうに感じました。

そして、混み具合については、やはり駅に近い鶴岡八幡宮境内は、かなり人が多く、次に報国寺、鎌倉宮、覚園寺の順に人の数は少なくなっていました。

八幡宮前段葛のスロープ

今回の鎌倉宮エリアの各寺社を訪れた際には、壮大なストーリーのある歴史的建造物や記念物を真近に見て、身の引き締まるような、さわやかな緊張感に包まれました。この日は気温が高かったのですが、このエリアは緑や木陰の多いところもあり、時折さわやかな風が吹いていて、暑さをしのぐことができました。

八幡宮西の「いざ!」鎌倉街道

そして調査の後は、アクセシブルメンバーを誘って、小町通りの散策をしました。もちろん、食べ物メインです!

通りには、ジブリアニメのお土産店、靴のディスカウント店、名物のしらすをふんだんに使った各種ファーストフード店(しらすクロワッサンたい焼き、しらすたこ焼き、しらす入り卵焼きなど)、濃厚抹茶アイスクリーム店、マクロビオティッククッキー、その他にも書ききれないほど鎌倉の個性を感じるお店や、魅力的なおいしいお店がたっくさんありました♪

鎌倉は、東京駅からは電車で約1時間程で行ける、やはりすてきな観光地です!

車いすで利用 東京駅案内
JR東京駅構内案内
;